腰・股関節の痛み

腰に関する主な症状

椎間板ヘルニア

腰のヘルニアのことを腰に起こるヘルニアのことを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼び、神経や血管が圧迫されることで様々な症状が起こります。腰、お尻、足にかけてしびれや痛みを感じる、下肢の筋力が低下する、くしゃみや咳をしたときに激痛が走るなど、日常生活の中で立っていることが困難なほどの激痛が起こる場合もあります。

症状の原因

不良姿勢や激しい運動などで、椎間板に過度な負担がかかることで起こるとされています。

   

脊椎と脊椎の間にある、椎間板というクッションの役割をしているものが飛び出してしまい、脊髄や「脊髄神経」「神経根」が圧迫を受けることで痛みなどの症状が出ます。

当院の治療法

圧迫している部分の周囲の血流を良くことが一番重要です。血の巡りが良くなれば、痛みなどの症状を改善することができます。

温熱治療や電気治療、マッサージ、特に腰のけん引療法が効果的です。

症状が強い場合には、鍼治療を行うこともあります。

椎間板ヘルニア

腰椎分離症

腰の骨が繋がっていない状態、椎体と椎弓が骨折している状態のことを「腰椎分離症」といいます。

スポーツ選手の多くが腰椎分離症になっていると言われています。

腰を反らしたり、左右に捻ったり、ジャンプの着地時などに腰に響くような痛みを感じたりします。

また、症状や原因が似ている「腰椎すべり症」という、椎骨がすべることによって起こる腰痛もあります。

症状の原因

身体が柔らかい中学生の時期に多く発症します。スポーツの練習などで、繰り返し腰椎をそらしたり回したりすることで、腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。

また、加齢による過負荷によって腰椎が後方にずれたり、骨が折れたりしてしまうことも原因となります。

当院の治療法

温熱治療や電気治療、マッサージで患部の血流を良くします。

血流が良くなれば分離症やすべり症が良くなるわけではありませんが、症状の改善はできます。

症状が強い場合には、牽引療法や鍼治療を行い痛みを改善します。

腰椎分離症

股関節に関する主な症状

グロイン・ペイン症候群

スポーツ選手に多い症状で、股関節痛、鼠径部の慢性障害、グロインペイン症候群は「鼠径部痛症候群」とも呼ばれます。怪我をしていないのに、股関節が痛むという特徴があります。

特に、サッカー選手がボールを蹴る動作を繰り返すことで、股関節周りに負担がかかり発症するとされています。

症状の原因

捻挫や打撲、肉離れが起きたときに、完治しない状態で運動をしてしまい、その痛みをかばう動作(身体の不自然な動かし方)をすることで、体幹から股関節周辺の機能に障害が発生してしまうと考えられています。

当院の治療法

まずは可能な限り安静にし、股関節へ負担をかけないことが重要です。

治療に関しては、痛みのある部位やその周囲および全身の筋力や柔軟性のバランスを評価し、そこから根本的な治療を行います。また、日常的に自分で行えるストレッチの指導も行います。

グロイン・ペイン症候群

梨状筋症候群

梨状筋症候群は、お尻にある「梨状筋」という筋肉の下を通る坐骨神経が、お尻を打つなどの打撲や怪我による筋肉の緊張・収縮などの要因で圧迫されることで、臀部から下肢にかけて痛みやしびれを感じる症状です。

この症状を「坐骨神経痛」ともいいます。ももの裏、ひざ裏、足裏に電流が走るようなしびれや、強い痛みを感じる場合は梨状筋症候群(坐骨神経痛)の可能性が疑われます。

症状の原因

打撲や股関節捻挫、長時間のデスクワーク、スポーツや仕事で腰・臀部に強い負荷が加わることなどが主な原因と言われています。

当院の治療法

梨状筋症候群(坐骨神経痛)は全身性の疲労や気血の滞りが原因の場合もあるので、梨状筋だけの部分的な治療ではなく全身を診て治療していきます。

骨盤矯正や身体の歪み、梨状筋の緊張緩和や、内臓の疲労などを調整して、痛みやしびれを改善させていきます。

梨状筋症候群
競技別スポーツ障害
部位別スポーツ障害と外傷

ご意見・ご質問などお気軽に

お問い合わせください。

お問い合わせ

アクセス

【電車でお越しの方】

東京メトロ(東西線)

妙典駅南口より徒歩7分

アクセスマップ

診療時間

診療時間

営業時間

平日:9:00~12:00/15:00~19:00

土曜:9:00~13:30

定休日

日曜日

祝日