肘・膝の痛み

肘に関する主な症状

肘の痛み障害”野球肘”とは?

野球肘とは野球の投球動作によって発生した肘の障害の総称です。

肘関節は上肢(肩から手)のちょうど中間部にある関節なため、投球動作時には力学的に負荷のかかりやすい関節です。

肘に痛みを感じた場合は、即座に投球を中止し受診してください。軟骨や骨の異常が発生している可能性があります。無理して投げ続けていると、リトルリーグ肘、離断性骨軟骨炎や関節ネズミとなってしまう可能性が高いです。

そうなるとゆくゆくは手術をしなくてはなりません。

そうなる前にご相談ください。初期では適切な治療、リハビリを行うことで解決することができます。将来のある子どもたちの肘を守りましょう。

野球肘

こんな症状が出たら早めの受診を!

  • 投球時に肘の内側が痛い
  • 投球時に肘の外側が痛い
  • 投球時と肘の後ろ側が痛い
  • 手首の曲げ伸ばしが痛む
  • 肘が完全に伸びきらない、曲げられない
  • 肘を曲げ伸ばしするとコキコキと音がする

野球肘の3つの代表的な症状

肘はコッキング期~加速期では外反し、リリース期~フォロースルー期では過伸展します。

よって、野球で「肘が痛い!」と言う場合、大きく3つに分けることができます。

  • 【内側型】(コッキング期~加速期)

    【内側型】(コッキング期~加速期)

    投球時、肘には外にそるような力(外反)が加わるため、筋肉・腱が引っ張られる力(牽引力)が働く。

    ・上腕骨内側上顆炎(屈筋群付着部炎)

    ・内側副靭帯損傷・肘部管症候群・リトルリーグ肘

  • 【外側型】(コッキング期~加速期)

    【外側型】(コッキング期~加速期)

    肘の外側の骨同士(上腕骨小頭と橈骨頭)が肘の外反によって、擦れたり衝突します。

    ・上腕骨外側上顆炎

    ・離断性骨軟骨炎

  • 【後側型】(リリース期~フォロースルー期)

    【後側型】(リリース期~フォロースルー期)

    リリースからフォロースルー時に強く投げようと意識し、手投げになったりすると、ブレーキが効かなくなり肘を伸ばしすぎて衝突します。

    ・上腕三頭筋腱炎

    ・肘後方衝突症候群

症状の原因

いわゆる負担がかかる状態で投球動作を繰り返すことにより、肩関節の組織が少しずつ損傷を受け、炎症を起こすことで痛みが発生します。

オーバーユース(使いすぎ)

一日一試合連投しないことが理想です。使いすぎと言われる投球数は、小学生では1日50球以内、一週間で200球。中学生では1日70球以内、一週間で350球以内。高校生では1日100球以内、一週間で500球以内。

投球フォームの問題

・コッキング期の肘の高さ角度異常

・リリース時の体幹からボールの距離

・ボールのリリース位置

・身体の開きは早くないか?

・身体が前に突っ込みすぎていないか?

・投球動作が一連の流れで行われているか?

投球動作に係わる骨格筋群のバランス異常

・内・外反肘

・反張肘(反りが強い肘)

・インナーマッスルとアウターマッスル、そして肘、肩、肩甲骨、上肢、体幹、下半身の筋力、柔軟性のバランス

※これに関しては専門的な知識が必要ですのでご相談ください。

当院での治療方法~当院では原因から治療方法を考えております~

野球肘になってしまった場合、何もせずに放っておいてはいけません。

安静にしているだけでは、痛めた原因を改善したことにならず、復帰後そのままプレーを行った場合再発する可能性が高くなります。

そのため正しい知識で適切なリハビリテーションを行い、完全な状態で復帰することが望ましいです。

原因と治療方法の例

原因 治療方法
筋肉の疲労、硬結 物理療法やスポーツ鍼灸、マッサージ、ストレッチなど
オーバーユース 練習量、練習強度の調整
肩関節の可動域異常 肩周辺の筋肉の柔軟性を改善し関節可動域を正常にする
投球動作筋のバランス異常 インナーとアウターマッスルのバランス正常化
投球フォームが悪い場合 投球フォームを分析し投球動作の見直し、改善をする
体感、股関節バランス異常 トレーニング、ストレッチ

テニス肘

テニスのストロークを繰り返し行うことで肘が痛くなる障害です。

バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘(上腕骨内側上顆炎)があります。ボールがラケットに当たるときの衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を起こして発生するものと考えられます。

ゴルフ肘

ゴルフプレーヤーに多くみられる病気であることから、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)と呼ばれていますが、ゴルフ以外でも様々な原因で起こります。

肩から肘にかけての大きな骨(上腕骨)の内側上顆という部分には、上腕骨外側上顆についている筋肉に対抗して、手首を手のひら側に曲げる筋肉がついています。手首や腕の使い過ぎで、この付着部が炎症を起こしてゴルフ肘の症状が出てきます。

上腕骨内側上顆炎

手首に力を入れた状態で外力が加わると痛みが出る症状を上腕骨内側上顆炎と言います。スポーツなどの腕の動作で前腕(肘から下の部分)の屈筋群を酷使することで、慢性的に屈筋群が短縮して硬直している傾向になり、負担がかかり症状が出ます。野球やゴルフをする人に多い症状です。

症状の原因

慢性的に屈筋群が短縮して硬直していると、その付着部である上腕骨内側上顆には短縮した筋肉による張力が働き、それが解消されないまま肘を使い続けることで、上腕骨内側上顆で炎症を起こしてしまい上腕骨内側上顆炎と言う状態になります。

当院の治療法

安静にすることが第一です。肘が痛いからといって、肘関節を固定しても意味がなく、手関節(しゅかんせつ)(手首)を固定することが重要となります。局所のアイシングや、前腕屈筋群のストレッチ、サポーターをすることで痛みを和らげ、安静や投薬といった保存的治療で治すことができます。

上腕骨内側上顆炎

上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆炎とは、前腕伸筋群の付着部に見られる症状です。手首や指を使い過ぎることで、肘に痛みが出てきます。

症状の原因

手首に力を入れた状態で外力が加わる動きを繰り返すことで、上腕骨の上顆につく筋肉の起始部(腱)に慢性的なストレスが加わり、上腕骨外側上顆に負担がかかることで炎症が起き、痛みが出てきます。

当院の治療法

安静にすることが第一です。肘が痛いからといって、肘関節を固定しても意味がなく、手関節(しゅかんせつ)(手首)を固定することが重要となります。

局所のアイシングや、前腕屈筋群のストレッチ、サポーターをすることで痛みを和らげ、安静や投薬といった保存的治療で治すことができます。

上腕骨外側上顆炎

膝に関する主な症状

ジャンパー膝

バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技(ジャンプ選手)、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多く見られる症状で、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)ともいいます。

症状の原因

ジャンプ動作が要求されるスポーツに多くみられる、”使いすぎ症候群”による膝のスポーツ障害です。

膝蓋骨と脛骨をつなぐ靭帯の炎症によって痛みが出ます。大腿四頭筋の柔軟性低下と筋力低下が要因の1つに挙げられます。また、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉が硬い状態を招き、その負担が膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる慢性・疲労性障害でもあります。

当院の治療法

大腿四頭筋の伸展機能を回復させ、運動に対する衝撃吸収力を高める必要があります。

特に、ハムストリング筋の筋機能の回復を優先して考えます。

ジャンパー膝

オスグット膝

成長期に激しい運動を繰り返すと、膝下部分の筋肉に炎症が起き、それが痛みの原因となります。

膝のお皿に痛みや骨のでっぱりの症状が出るようになります。

スポーツなどで過度な運動をされる方や、陸上選手、サッカー選手にもオスグッド膝は多く見られます。症状は痛みだけでなく腫れる場合もあり、通常の歩行時にも痛みを感じることもあります。

症状の原因

スポーツなどによる”使いすぎ症候群”による障害で、骨盤や股関節の動きの悪い状態や、筋肉が疲労した状態で運動を続けることが原因となります。膝を伸ばす太ももの筋肉は、膝蓋骨(お皿と呼ばれる骨)と膝蓋靱帯(お皿の下のすじ)を通りお皿の下すねの骨に付着しています。ランニングやジャンプ動作により大腿四頭筋が収縮すると、膝蓋靱帯を通してすねの骨に牽引力がかかり、骨端軟骨がでっぱってきたりはがれたりしてきます。

当院の治療法

太もも下部の筋肉をゆるめて炎症を抑えます。

症状に応じて手技治療、温熱治療、マッサージなどを行い、サポーターやテーピング補強なども行います。

オスグット膝
競技別スポーツ障害
部位別スポーツ障害と外傷

ご意見・ご質問などお気軽に

お問い合わせください。

お問い合わせ

アクセス

【電車でお越しの方】

東京メトロ(東西線)

妙典駅南口より徒歩7分

アクセスマップ

診療時間

診療時間

営業時間

平日:9:00~12:00/15:00~19:00

土曜:9:00~13:30

定休日

日曜日

祝日